fmjdiary.blog70.fc2.com

Football Manager 2014を買いました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【kokosim4】ヤンキー(監督)母校へ帰る

作中における大阪府の勢力図について。
PL学園、大阪桐蔭、履正社、(やや落ちるが)近大付、これらが4強を形成し、これに続くのが金光大阪、上宮太子、関大北陽、大体大浪商といったあたり。

すなわちPL学園なら甲子園に出られるだろうということだ。甲子園なんて何年も先のことと思っていたが、選んでしまった以上は出場を狙うほかない。

2015年夏。能力AとSがずらりと並ぶ打線を引っさげ、PL学園は府大会を勝ち進む。
準々決勝で大阪桐蔭、準決勝で関大北陽、決勝で近大付。いずれも強打で圧倒して優勝。
ベスト8以降はさすがに接戦を覚悟していたのだが、意外にも楽に勝ち抜けた。

夏の甲子園。
1回戦は龍谷大平安(京都)。初戦で近畿勢同士とは。10-8で逃げ切る。
2回戦は浜田(島根)。12-1の大勝。
このまま優勝も狙えるかと欲が出たところで、3回戦の明豊(大分)に2-7で完敗。
日本は広いということだ。

甲子園で勝つことにより名声度は加速度的に上がる。
2~3年経験を積んで母校へ、と考えていたが、この分だと今年度中にフリーになれそうだ。
※フリー・・・転勤なく自由に高校を選択できる。名声度121以上、信頼度101以上が条件。

秋の府大会。
1回戦の相手は・・・大阪桐蔭!シードがない大阪ならではのカード。いきなり頂上決戦だ。

夏の予選で破った相手だが、3年生が引退した新チームの戦力評価では負けている。特に投手。
戦前の不安そのままに、相手エースの見事なピッチングになすすべなく1-4で敗退。
夏春連続甲子園出場の野望は早々についえた。

毎年4月に入部する1年生の能力は高校の格ではなく、監督の名声度に依存する。
PLといえども今のへぼ監督のままでは弱体化は避けられないだろう。それは高校野球界にとって大きな損失だ。
どうせ去るつもりなら早いほうがいい。

3月までにフリー転向へ必要な名声を稼ぐため、過密スケジュールで練習試合をこなす。
秋の1回戦で大阪桐蔭なんかに当たらなければ、公式戦だけで普通にクリアできただろうに。
みっともないやり方だがやむを得ない。
結局、練習試合17試合を経て3月31日にPL学園の監督を辞任した。

2年ぶりの天下茶屋高校。
転勤前に面倒を見ていた1年生との再会。彼らが4月からの新3年生だが、まるで成長していない・・・。
しかし、監督はこの1年で大きく成長した。新設校での2度目の挑戦は、前とは違ったものになるはずだ。
  1. 2011/12/03(土) 06:08:35|
  2. 高校野球シミュレーション4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【kokosim4】天下茶屋高校の躍進 | ホーム | 【kokosim4】新設校でのチャレンジ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fmjdiary.blog70.fc2.com/tb.php/99-b460f07e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。