fmjdiary.blog70.fc2.com

Football Manager 2014を買いました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

暴挙

当初、DDTを1国ずつちまちま作っていたのですが、終わりの見えない作業に嫌気がさしてしまって、
もういっそのこと、すべての国の選手を全部登場させてしまおうかと思い立ったのです。

"RETAIN_NATION_PLAYERS" を、218か国分(だったかな)打ち込んだDDTを読み込んで、ゲーム開始。

選手数は25万くらいいるみたいだけど、選択リーグはイングランド1国のみだから、まあなんとか動くんじゃないかなと楽観視しています。
試しにちょっと進めてみたところ、確かに処理待ち時間は長いけど、まあ我慢できないほどじゃない。
年数が経過したらどうなるかわかりませんが。



前置きが長くなりましたが、イングランド6部のBlue Square Northに所属するWorkingtonの監督に就任しました。
Workingtonを選んだのは、最下層のリーグでアルファベット順も一番最後だったから。ディヴィジョンが上がれば、YorkだのYeovilだのがもっと後ろにきますが、まあそれは仕方ない。

Workington Association Football Club、チームカラーは赤で愛称は"The Reds"。リバプールかよ。
リーグ1(3部)のCarlisle Unitedの傘下クラブになっています。

Workington


いつの日か親クラブのCarlisleを追い抜き、Liverpoolから真のThe Redsの称号を奪い取り、そして同じく赤をシンボルとし、ゲーム開始時点でイングランドフットボール界の頂点に君臨するManchester Unitedをも凌ぐビッグクラブを育て上げる・・・という壮大な物語が幕を開けたのであります。
ちなみに、好きなクラブはMan Utdとしました。ごめんなさいただのミーハーなマンUファンです。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/24(木) 01:33:38|
  2. FM2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。