fmjdiary.blog70.fc2.com

Football Manager 2014を買いました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[Workington] 2007-08 Blue Square North (2)

就任時点で、メディアによるWorkingtonのシーズン順位予想は7位。
現有戦力では昇格は難しいということになる。

上のディヴィジョンで通用する実力やポテンシャルのありそうな選手は皆無。
遅かれ早かれ戦力外になるのなら、さっさと放出してしまおうと考えた。

一方で、若くて潜在能力のありそうなフリー選手に大量オファーを出す。
首尾よく、20歳前後のスター候補生を十数人確保することに成功。
かくしてスカッドは総入れ替えとなった。

獲得選手の顔ぶれにはほぼ満足・・・だが、若手ばかりのチームにあって、
精神的支柱となってくれるベテランが1人はほしい。
そこそこの実績があって、なおかつ6部のクラブに来てくれる、そんな都合のいい選手・・・

(つづく)
スポンサーサイト
  1. 2010/02/28(日) 19:06:06|
  2. FM2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Workington] 2007-08 Blue Square North (1)

1年目にさかのぼります。


イングランドの北西端、カンブリア地方にある小都市・Workington。
Workington AFCは収容人数2,500のBorough Parkをホームスタジアムとする小さなクラブ。

1950-60年代にはフットボールリーグの3部に属していた時期もあったものの、その後は長く下部リーグに低迷。
2000年代半ばになりようやく、6部相当のConference Northまで上がってきたところ。
2006-07シーズンは3位と健闘し、Conference National昇格をかけたプレイオフに進出。
残念ながら昇格はならなかったが、2007-08シーズンも引き続き上位進出の期待がかかっている。

そういった状況の中、クラブの会長Humphrey Dobieは新しい監督の就任を発表した。
それは、英語も満足に話せない、得体の知れない若い日本人だった―――。


彼が監督の座についた、その翌日。
Workingtonに所属している選手は全員、移籍リストに載せられていた。

(つづく)
  1. 2010/01/25(月) 01:43:48|
  2. FM2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出戻り宣言

相変わらず放置してましたが、FM2008のプレイは続けています。
FM2010?知らね。

現在Workingtonは2013-2014シーズン(7年目)、リーグ1(3部)に所属。
少しずつ戦力が整ってきて、チャンピオンシップへの昇格をうかがっているところです。

ちょっとずつでいいから、クラブの記録を残していきたい。
そう思い立ち、戻ってきた次第です。

せめて、トップに広告が出てこないくらいの間隔で、投稿していきたい。
・・・次回からね。
  1. 2010/01/20(水) 22:08:18|
  2. FM2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

更新してない

自分でもびっくりするくらい放置していました。

Workingtonでのプレイは3年目の中盤あたりまで進んでいます。
1年目、カンファレンス北の2位でプレイオフを勝ち抜き昇格。
2年目、カンファレンスナショナルも2位でプレイオフを勝ち抜き昇格。
3年目、リーグ2では勝ったり負けたりで中位にとどまっています(現在12月)。
昇格は難しいかも?

戦術ほとんどデフォルトのままだし、選手個々人の能力吟味もまったくしてないし。
あたま使わないと勝てないのかなと思い始める。
無能監督。
  1. 2008/11/12(水) 15:25:39|
  2. FM2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暴挙

当初、DDTを1国ずつちまちま作っていたのですが、終わりの見えない作業に嫌気がさしてしまって、
もういっそのこと、すべての国の選手を全部登場させてしまおうかと思い立ったのです。

"RETAIN_NATION_PLAYERS" を、218か国分(だったかな)打ち込んだDDTを読み込んで、ゲーム開始。

選手数は25万くらいいるみたいだけど、選択リーグはイングランド1国のみだから、まあなんとか動くんじゃないかなと楽観視しています。
試しにちょっと進めてみたところ、確かに処理待ち時間は長いけど、まあ我慢できないほどじゃない。
年数が経過したらどうなるかわかりませんが。



前置きが長くなりましたが、イングランド6部のBlue Square Northに所属するWorkingtonの監督に就任しました。
Workingtonを選んだのは、最下層のリーグでアルファベット順も一番最後だったから。ディヴィジョンが上がれば、YorkだのYeovilだのがもっと後ろにきますが、まあそれは仕方ない。

Workington Association Football Club、チームカラーは赤で愛称は"The Reds"。リバプールかよ。
リーグ1(3部)のCarlisle Unitedの傘下クラブになっています。

Workington


いつの日か親クラブのCarlisleを追い抜き、Liverpoolから真のThe Redsの称号を奪い取り、そして同じく赤をシンボルとし、ゲーム開始時点でイングランドフットボール界の頂点に君臨するManchester Unitedをも凌ぐビッグクラブを育て上げる・・・という壮大な物語が幕を開けたのであります。
ちなみに、好きなクラブはMan Utdとしました。ごめんなさいただのミーハーなマンUファンです。
  1. 2008/04/24(木) 01:33:38|
  2. FM2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パッチ8.0.2が出まして

すぐにでも新規ゲームを始めたいのですが、
データベース大にしても、イングランド1国のみの選択だと、他国の選手の数がちょっと少ないような気がして、DDTを使おうと思い立ったのです。

自分なりにアレンジしたものを1から作ろうとしてますが、なかなか進まない・・・。
なんだか本末転倒な気もしながら、少しずつやっていきます。
  1. 2008/02/20(水) 14:54:21|
  2. FM2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。